2016年03月09日

  札幌もいよいよ花粉症の時期到来!    



 昨日道立衛生研究所のウェブサイトでハンノキ花粉が観測されたと発表されました。実際には2月28日から観測され最近の暖気で更に飛散が増えた様です。
http://www.iph.pref.hokkaido.jp/pollen/pollen_info.asp
 ハンノキ花粉は例年だと3月後半から飛び始めますが、確か昨年も2月中のかなり早い時期から飛び始めたと記憶しています。今年は記録ずくめの小雪、暖冬だったのでやはりという思いです。昨年クリニックの帰りに厚別区で偶然ハンノキが群生している公園を発見し本日様子を見に行きましたが、数は昨年より少ないものの成熟した雄花が垂れ下がっておりなるほどと納得しました。


 ハンノキ3.9−2.JPG ハンノキ3・9.JPG


 さて今シーズンのシラカバ花粉飛散数の予測ですが、私の知る限りまだ日本気象協会の発表のみですが例年より「やや少ない」とのこと。
https://www.jwa.or.jp/news/2016/01/post-000599.html
昨年も例年より少な目でしたので少ない年の翌年は多い傾向にあるのですが昨年夏の気象条件にもよりますので果たしてどうでしょうか。道内研究者の予測が待たれます。


posted by 凄腕院長 at 23:31| 日記