2016年11月08日

  マイコプラズマ肺炎が今シーズン大流行か  



 乾いた咳や発熱などの症状が出る「マイコプラズマ肺炎」の1週間当たりの患者報告数が感染症法に基づく1999年の調査開始以来、最多となっていることが1日国立感染症研究所の患者報告でわかりました。
 10月17日から23日までの週の全国の基幹定点医療機関(約500カ所)当たりの患者報告数は、前週比31%増の1.61人で、2011年から12年にかけて大きな流行のあった際の最高値(1.51人)を上回りました。

          マイコ国立感染症.PNG
               日経メディカルオンラインより


 今シーズンの定点報告でも例年通り患者の8割を14歳以下が占めていますが、2011年から12年の流行ではマクロライド体制のマイコプラズマが流行したこともありこれからの動向・薬剤耐性に関する情報に注意すべきと思います。
 因みに今シーズンから当院でもマイコプラズマ抗原の検査キットを導入、検査を行っており、最近の1か月で既に2名程の陽性患者が検出されています。皆さんも充分にご注意下さい。


posted by 凄腕院長 at 10:09| 日記

2016年11月07日

  今年は早い!インフルエンザの流行開始



 札幌市保健所は11月4日、第43週に定点医療機関当たりの報告数が流行開始の目安となる1.00となったことを発表しました。

     インフル定点.PNG
                札幌市感染症情報より(http://www.city.sapporo.jp/eiken/infect/trend/graph/l501.html

 全国的に見ると沖縄県では警報レベルの10人を超え次いで福井県、岩手県などでも流行開始と見られ同時期としては過去7シーズンで最も報告数が多く昨シーズンと比べて8週も早いペースで経過しています。

     インフル定点全国.PNG
                日経メディカルより(http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/special/flu/topics/201611/548932.html

 国立感染症研究所のインフルエンザウイルス分離検出状況によると、流行しているインフルエンザウイルスのタイプは、H3N2亜型(A香港型)が主流で次いでH1N1pdm亜型となっています。なお茨城県から40週にH1N1pdm09の検出されたインフルエンザ脳症例が報告されており、今シーズンの注意が必要です。
 インフルエンザワクチンをまだ接種していない方はお急ぎ下さい。



posted by 凄腕院長 at 00:02| 日記