2022年09月08日

 2022〜23年はインフルエンザ流行の可能性大は本当か?


 新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)によるパンデミックが現在第7波の最中で、国内では累計約2000万人弱の感染者と4万人強の死亡者が報告されています。一方でCOVID-19の流行が始まった2020年2月以降インフルエンザウイルス感染者の報告数は急速に減少しほぼ流行は見られていません。しかしながら今年7月に日本感染症学会は以下の様な提言を行いました。

1.2022-2023年シーズンはインフルエンザの流行の可能性が大きい
 昨年や一昨年も同様に言っていたかと思いますが、北半球の冬季のインフルエンザ流行の予測には南半球の状況が参考になります。オーストラリアでは今年4月後半からインフルエンザ患者の報告数が増加し新型コロナ前の2019年を超えるレベルの患者数となっているため医療の逼迫が問題となっています。
 一方過去2年間国内での流行がなかったために社会全体のインフルエンザに対する集団免疫が低下していると考えられ、特に小児ではコロナ禍でRSウイルス感染症や手足口病が流行した様に大きな流行となる恐れがあります。(今年こそは現実味ありと私も思います。)
2.A香港型の流行が予測される
 2021-2022年の欧米での流行や今年の中国での流行は主としてA香港型で、またオーストラリアで本年度に検出されたインフルエンザウイルスの約80%がA香港型でした。わが国でも流行するとインフルエンザによる死亡や入院が増加する恐れがあります。
3.今季もインフルエンザワクチン接種を推奨
 今季流行が予測されているA(H3N2)香港型へのワクチンによる発病防止効果を未知数ですが(HA抗原に変異が起こりやすいため)、ある程度の重症化防止効果はあるとされ、65歳以上の高齢者や合併症のある方、生後6か月以上5歳未満の乳幼児や妊娠中の方などには特に接種が推奨されます。
4.例年通りのインフルエンザ診療が必要
 今季にはインフルエンザCOVID-19の同時流行を懸念する声も上がっており、PCR、抗原検査、迅速検査による鑑別診断が必要なのは言うまでもありませんが、しばらく使用した記憶の無い抗ウイルス薬についての知識アップデートも我々医療従事者にとっては重要です。

  ワクチン接種.JPG

 新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンの同時接種も可能となりましたが、高齢者の多くは既に4回目ワクチン接種が進んでいると思いますので果たしてそんなタイミングの良い方がどれだけいる事でしょうか。
 また先日行われた厚生科学審議会において2022年度のインフルエンザワクチン供給量が過去最多の約3521万本(成人7042万会分)との事ですが、接種希望される方はどうでしょう。コロナワクチン同様に残余の廃棄だけは避けたいものですが、昨年同様ご希望の方は早目の予約をお勧めします。


posted by 凄腕院長 at 18:36| 日記

2022年04月18日

 オンライン診療開始のお知らせ


  4月21日(木)からオンライン診療を始めます。
  ご希望の方はまず 884-4133 へお電話でご相談ください。
  (※ただし当院を受診したことのある方に限ります。)


 今年4月の診療報酬改定でオンライン診療のあり方が大きく変わりました。ひとつは新型コロナウイルス感染症の対応で時限的・特例的だった初診の方も恒久的に可能となったことです。また「3か月に一度は対面診療」「1か月のオンライン診療の割合が1割以下」「概ね30分以内に通院・訪問が可能」などの要件が廃止されました。これにより初めて受診する方や遠方の方もオンライン診療でOKという事になりましたが、大きな問題が生じうる危険性は容易に想像できるかと思います。医療はあくまで視診や触診、聴診などが基本で、まして耳鼻咽喉科で扱う耳、鼻、のどを画面越しに観ることはできませんので疾患によっては正しい判断(診断)はできません。
 その中で当院ではある程度病状を把握しており症状の安定した
・ 睡眠時無呼吸症候群でCPAP療法中の方
・ 通年性アレルギー性鼻炎で舌下免疫療法(SLIT)を行っている方
・ 季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)で毎年飛散時期に受診する方
・ 慢性のめまい(BPPVやメニエール病など)や耳鳴などで症状の安定している方
・ 風邪症状(含む新型コロナ)やその他の療養中で受診が困難な方
・ 諸事情により通院が困難の方
などを想定しています。

LINEドクター1.JPG

 当院では患者の皆様が使い慣れた「LINEドクター」によるシステムを用います。予約日に当院からの着信でビデオ通話による診療を開始し、診療費用等の決済はクレジットカードで行います。処方箋はご自宅への郵送か調剤薬局へFAXされますのでお薬をお近くの薬局で受け取ります。ご利用に際しての詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
「LINEドクター」HP上のご利用ガイド;https://doctor.line.meonnrainn/user-guide

 またご利用に際しては以下の注意事項をお守りください。
・ 当院で要請した場合、急病・急変の症状の場合は必ず対面での診療を行ってください。
・ オンライン診療の実施が適切でない状況になった場合速やかに対面による診療に切り替えることがあります。
・ セキュリティ確保のため、原則ご自宅や周りに人がいない安全な場所で実施して下さい。(自動車運転中などは不可)
・ 診療時においてビデオ通話を録音、録画、撮影することは当院の了解を得てください。
・ 診察時に録画・録音したファイルを不特定多数が見ることのできるSNS等に発信することはご遠慮ください。
・ 現在保険診療を目的としない診療(自由・自費診療)については、ご利用いただけません。

  オンライン診療をご希望の方は対面の診療時またはお電話で申しつけください。
診療日時を予約いたします。(まず午前・午後に1〜3名程度の予定)



posted by 凄腕院長 at 21:02| 日記

2022年02月27日

 今年も花粉症の季節がやって来ます! ―2022年度の花粉飛散予測―


 新型コロナウイルス感染症のパンデミックが始まった2020年の春、実はシラカバ花粉飛散の多い年でした。にもかかわらず花粉症の症状で受診する方は例年と比べ非常に少なく、これは緊急事態宣言下で多くの方が外出を控えて屋外でもマスクを着用していた事の効果がありそもそも症状があっても受診控えが多くあったためとも考えられます。そして昨年春は非常に花粉飛散が少ない年だったせいもあり、やはり受診される方は少なかったです。この様に花粉症に対するコロナ禍の影響は大きく、今年も更にオミクロン株の流行下で花粉症によるウイルス飛沫の飛散やCOVID-19との症状の見分けがつきにくいなどが懸念されています。

 さて結論から先に言えば今年度のシラカバ花粉飛散量は「かなり多い」との予測が出ています。何度も言う様にシラカバ花粉の飛散量は前年度夏季の気温、日照時間、日射量等に左右され、その結果各機関がほぼ同様の予測を出しているわけです。以下に参照した花粉飛散量の予測の結果を記載します。

1. 毎年お馴染み道立衛生研究所の予測によると2022年のシラカバ花粉飛散量は5段階(少ない、やや少ない、例年並、やや多い、多い)のうち多いとされています。
http://www.iph.pref.hokkaido.jp/pollen/p_files/yosoku.html

2. 日本気象協会の予測では今年のシラカバ花粉飛散量は例年比220%、昨年比310%でともに「非常に多い」となっています。
https://tenki.jp/pollen/expectation/

  tenki予測1.JPG
  tenki予測2.JPG

3. 最後にウェザーニュース社の予測は天候と同様に例年かなりの精度と思っていますが、平年比140%、昨年比約180%とこれまた大変多いと言う結果です。https://weathernews.jp/s/topics/202201/180235/

  WN予測.JPG

 昨日から今日にかけて気温が上がり、大分雪解けも進みました。間もなく3月、春の訪れを迎えます。例年だと3月後半頃にはシラカバと同じカバノキ科のハンノキ花粉が飛散開始して、花粉症シーズン到来となります。その頃の新型コロナの状況が見通せませんが、早目の対策(初期療法)が大事なのは言うまでもありません。たくさんの花粉を取り込んで症状が酷くなってから受診するよりは、GW前には受診しておいて花粉の飛散開始かまたは症状が出始めたら直ぐに内服や点鼻薬、点眼薬を開始できるように準備しておきましょう。


posted by 凄腕院長 at 16:18| 日記