2017年09月18日

 今シーズン(2017‐2018年)のインフルエンザについて



 少し気の早い話ですが、今季のインフルエンザ流行が早まるかもしれません。と言うのも厚生労働省の発表によると9月4〜10日の1週間で小中学校や幼稚園、保育所から報告されたインフルエンザ患者が137人に上り、これは昨年の同時期に比べ5.7倍の多さとの事です。厚労省によると、都道府県別で最も多かったのは沖縄で66人、次いで島根の37人でしたが、その他に東京、埼玉、神奈川などの首都圏や西日本、宮城などでも学級・学年閉鎖があった様です。この連休で人の往来が多いことでしょうからいつ北海道に入ってきても不思議は無く、今季はインフルエンザの流行が例年より早く始まるかもしれません。

 そろそろインフルエンザワクチンの話が医療関係者からちらほら出るようになりました。ワクチンを製造する際には他の地域での流行状況や最近数年の傾向を踏まえて、今年はどの様な型のウイルスが流行するかを厚生労働省や国立感染症研究所が予測して作ります。今年のワクチン株は以下の様に決まりました。
  A/Singapore(シンガポール)/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09
  A/Hong Kong(香港)/4801/2014(X-263)(H3N2)
  B/Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統)
  B/Texas(テキサス)/2/2013(ビクトリア系統)

 今年はワクチン株の決定が遅れたため初期のワクチン製造量が少なく、供給不足の恐れがあるとの話も聞こえてきます。国立感染症研究所によると昨シーズンはAH3亜型(A/H3N2、香港型)が流行ウイルスの主流だったので今シーズンはAH1pdm09亜型(A/H1N1pdm09、いわゆる新型インフルエンザウイルス)が主流となる番であり、そうすると低年齢層でのインフルエンザ脳症やインフルエンザ肺炎の増加が懸念されます。近年ワクチン接種率が低下傾向の様ですが、ワクチン接種はお早目に!



posted by 凄腕院長 at 21:48| 日記

2017年04月23日

 今年のシラカバ花粉は多い?少ない?



 先日道立衛生研究所から、今年のシラカバ花粉の飛散開始日は4月26日飛散量は少な目という予測が発表されました。日本気象協会の予測も同様です。しかしここで先日の日本耳鼻咽喉科学会北海道地方部会学術講演会での札幌医大耳鼻咽喉科の白崎淳教授の発言によると今年は例年(過去10年間の飛散量の平均)の1.5倍位になる可能性があるとしています。
 
 花粉の飛散量の予測はいずれも前年夏季の気象をもとに算出していますので、異なる予測が出るのは解せません。そこで本日近所のシラカバの樹を実際に見てみました。ハンノキもそうだったのですが毎年観ていた川沿いに生えていたシラカバの樹が伐採されており少しショックでした。実際に見るとそれほど雄花の数が多いようには見えませんでしたが、あくまで感覚ですので曖昧です。日当たりにもよりますが雄花が垂れ下がっているものも観察され、今週中気温が上がって晴れ間が続けば飛散開始となるのは間違いなさそうでした。火、水と雨になる予報なので木曜日(27日)頃でしょうか?


 4・23シラカバ.JPG 4・23サクラ.JPG
       近所の河川敷のシラカバ               そのそばの桜の蕾





posted by 凄腕院長 at 21:55| 日記

2017年03月15日

 札幌も花粉症のシーズンです! 



 今週初めの北海道立衛生研究所の発表によると、3月13日からハンノキ花粉が飛散し始めた模様です。先週末あたりから鼻炎症状や眼の痒みを訴える患者さんが少しずつ増え始めた印象だったので、日曜日(3/12)にクリニック近くのハンノキ群生地を様子見に行きました。その時点ではまだまだ雄花が小さく、飛散には数日かかるかなあと見込んでいたのです。しかしまだ始まったばかりで今週は気温が高目に経過する様なので一気に花粉量が増えるかもしれません。シラカバ花粉症の方は充分気をつけて対策されたほうが良いかと思います。


 29年ハンノキ1.JPG 29年ハンノキ2.JPG


 そうなると気になるのは今シーズンのシラカバ花粉飛散の情報ですが、現時点で発表されている日本気象協会(https://tenki.jp/pollen/expectation/)と
ウェザーニュース(http://weathernews.jp/s/topics/201609/200175/)では間逆で前者は前年比50%で例年比30%と非常に少ないと予想、後者は前年の2.5倍、例年の1.2倍と多目の予想です。
 一方で最も信頼のおける道立衛生研究所(http://www.iph.pref.hokkaido.jp/pollen/p_files/yosoku.htm)の予想では「例年より少な目だが、5月中旬以降のウダイカンバの花粉が多くなる」と予想しています。やはり軍配は道立衛生研究所に上がりそうに思いますがどうでしょうか。




posted by 凄腕院長 at 18:52| 日記